自分の為に書き続けるブログver4.0

ぱいれん、です。41歳のオッサンが悩みながら独りで生きているブログです

ver 2.0 cururu

最初のブログサービスが終了して、次のサービスに転居した。

 

この時期は 2代目ブログを書きながら、最初のブログサービスや、この2代目ブログで知り合った友達と、プライベートでの交友が始まった。

 

ここで大きかったのが、一人の女の存在である。

まさか、煙草を吸う女を好きになるとは 思いもしなかった。

地上から打ち上げられるとき、ロケットは一番大きな力を必要とするそうだが、この大きな力であった。

でなければ、35歳で田舎(実家)を出て、職を変え、東京で働こう、なんて度胸は出なかっただろう。なにしろ自分は一人っ子である。

 

弱音は吐いても良いが自分の好きな方を選べ。

頭が良く、馬鹿のツボが同じだった。(と思っている)

 

出会いと同じく、別れがあり、2代目ブログもサービスの終了がアナウンスされた。

 

宇宙に、放り出された気持ちを持ちながらも、一人、東京に向かった。

 

Thank you CURURU. | カテゴリなし 2010/03/31 07:11
 
http://myhome.cururu.jp/hix/blog/article/31002856674

icon 今週のお題

ずばり、あなたにとってCURURUとはどんな場所でしたか?

 


 

自分を変えなきゃ。
と 思ってブログを始めたんだ。

数あるブログサイトの中で その場をアソブログにしたのは ほぼ直感と言っていい。
だけど これが人生のターニングポイントになったのは 間違いないかな。

 

 



アソブログで楽しく過ごして 本当に良い友達に会えたんだ。
サービス終了には 本当にがっかりしたのだけれど
友達とそのまま わけもわからず CURURUに来たんだ。


 

 



今度は CURURUが終わってしまうなんて。
会社の中で 何が起こっているかなんて ユーザーには知る由もないけれど
いくら反対したって どうにもならない事は 僕らは既に経験してたんだ。


 

 



だけど 今までの友達も 新しく知り合った友達との関係も
 これで終わるわけじゃない事も知っているんだ。

だから・・・・・・
アソブログの時は泣きべそかいたけど CURURUには清清しく敬意を表してお別れしようと思う。

Thank you CURURU!!

スタッフの皆様 お疲れ様でした。
いつも快適でした。


 

 




友達とはなりえなくても 交友してくださった 全ての方々に感謝を。
傷つけてしまった方々にはお詫びを。

良い時間を過ごさせていただきました。
CURURUは決して無駄じゃなかった。

高みを望み続けて またいつかお会いできたら。。。