自分の為に書き続けるブログver4.0

ぱいれん、です。41歳のオッサンが悩みながら独りで生きているブログです

物の入れ替わる時期

 というのが 過去にも何度かあった。

 

①なんだか、いっぺんに今まで使っていた物が全てイヤになり、総入れ替えしたくなる。

②購入時期の違うものが、同時期に壊れだす。

 

 今回は②のようだ。

 

f:id:pairen0213:20160131120622j:plain

 ペリーエリス グランス

 九州にいた頃から気に入って履いていたペリーエリスの靴が逝ってしまった。たぶん、7~8年は使っているのではないか。

 

 靴の修理をするお店に持っていったが、くっつけられないそうだ。

 メーカーに修理可能か問い合わせてくれ、との事。もう作ってないんだよね。

 この靴を見つけた当時、茶色のパンツを持っていて、まずは このパンツに合わせるべく茶色の靴を買った。

 あまりに気に入ってしまったので、写真の黒も購入。これにあわせるべく、黒のパンツも買った。

 今、茶色の靴に合うパンツを持っていないので、もっぱら黒を使っていたのだが この有様である。

 靴が気に入ったなんて、人生はじめての事だったので、思い入れのある一品なので、ショックであった。

 

 次はバックパックである。

f:id:pairen0213:20160131122723j:plain

 TOUGH Jeansmith Dictator バックパック

 

 これは、クロスバイクを購入した2年半前に購入した。

 もともと縫製が悪かったのか、中の生地がすぐに破れた。

 

 とはいえ雰囲気が気に入っていたので 使い続けていた。それなりに大きく、会社の15インチワイドのノートPCも入り、通勤にも、チャリ運転時にも、持ち帰り仕事にも、帰省にも、丁度良かったのである。

 都内の移動には、自転車以上に気軽な物はなく、このバックパックも重宝していた。

 これの代替は なかなか見つからず、未だ破れたままの バックパックを使っているが、もうそろそろ次を決めないとマズイ。

  

 生活の中で 見えるもの、見えないもの、いろんな物が壊れ、あるいは自ら整理していく。

 今回は、象徴的に 気に入っている物2点が逝ってしまった。壊れた物に執着しても仕方が無い、と諦めもつくようになってきた。

 

 もともと、変化を好まない生き方をしてきたのに、10年前のブログ開始をきっかけに、今は何故か東京で働いている。

 変化を促されているのかもしれない、と思う。

 それに乗っかってみようか、と思うのである。