自分の為に書き続けるブログver4.0

ぱいれん、です。41歳のオッサンが悩みながら独りで生きているブログです

審美歯科

 去年まで、虫歯の治療に通っていて、なんと 半年もかかってしまった。

 なにぶん、日曜日にしか通えないため、病院探しと通院には一苦労である。

 

 その歯科医院の待合室に、系列の審美歯科医院のパンフレットがあったので、虫歯の治療が終わったら、審美をやってみたいな、と思っていた。

 審美とは、歯を白くする治療。タバコは吸わないけれど、コーヒーをよく飲むせいか、歯は末期色、もとい真っ黄色である。

 

 実は、審美には、東京に来て3年目くらいのときにもチャレンジしかけた。上野の歯科医院だったが、通常の保険治療を行う歯科医院で、審美も行っていたのだ。

 ところが、担当の歯科衛生士のおばちゃんが、治療の椅子に座っている僕の顔に、唾をさながら散弾のように飛ばしまくる為に、30分で気持ちが萎えてきて、1回行ったきりで、行くのを止めた。

 

 というワケで、再度のチャレンジ。

 先週カウンセリングに行き、マウスピースをつくってきた。ホームホワイトニングの開始である。

 行ってみて驚いたのは、歯科医院とは思えぬオシャレ具合と、スタッフの綺麗具合なのである。

 これは・・・ボッタかなぁ? とオモタ。

 

f:id:pairen0213:20160131212522j:plain

 

 虫歯を治療した歯科医院で読んだパンフレットには書かれていなかったが、兎に角、自宅でもやらなきゃいけないようなのである。

 いや、パンフレットでは医院で1回施術が○○○○円、と書かれてあるのだが、どうもイロイロ話を聞いていると、それを何回かやらないと、目標の白さには届かないのである。あげくに家でもやらないと駄目。

 おあつらえ向きに、1回○○○○円のメニューの他に、複数回コース、というのが用意されていて、どうしたって、ここまできたら、ソレを選ばざるを得ないじゃない、という具合なのである。

 

 いやぁ、恐らく、エステサロンや包茎治療クリニックなどでは、もっとエゲツナイ言葉巧みな誘導があるのだろう。オッサン、なんとなく気持ちがわかりました。

 

 ちなみに、歯には 象牙質とエナメル質があって、エナメル質は透明。象牙質は象牙色だが、加齢と共に、黄色くなっていく。医院で施術できるのは、エナメル質を白っぽく濁らせ、黄色い象牙質を見せないようにする方法。象牙質を白くするには、自宅でマウスピースに薬剤を塗って、毎日2時間ホームホワイトニングする必要があるのである。これを両方やります。

 こんな手間かかるとは、パンフレットでは読めなかった。

 

 そんなワケでホームホワイトニング開始。

 只今、マウスピースを咥えたまま、ブログを書いている次第です。

 3月中ごろには、驚きの白さ。に変わっているハズ。

 

 

APAGARD(アパガード) プレミオ 100g 【医薬部外品】

APAGARD(アパガード) プレミオ 100g 【医薬部外品】